isudoko.jp 車椅子deドコデモ!

共同開発したチェアーライダーやユニドライブの開発秘話を紹介します。

企画・販売
あい・あーる・けあ株式会社
開発・製造
株式会社 今野製作所

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

企画・販売 あい・あーる・けあ株式会社

製造 今野製作所

<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

       
第1回体験試乗会

イスドコ広報 より

『新型運転補助装置の第1回体験試乗会』が無事に終了いたしました。

会場:今野製作所

内容:
■製品のご説明
■着脱方法のご説明
■今野製作所前にて試乗
■今野製作所社有車先導で公道試乗
■アンケートご記入
■isudokoポロシャツのプレゼント

a0103371_1538147.jpg


2時間という限られたお時間でしたが、体験者の方にSWORDの世界を
味わっていただきました。
[PR]
       
by isudoko | 2009-08-19 16:00 | SWORD
第2回体験試乗会 参加者募集

イスドコ広報 より

『新型運転補助装置の第2回体験試乗会』の参加者を募集いたします。

会場:今野製作所

日時:9/4(金) 13:00~15:00

定員:2名(同伴の方は除く)、定員になり次第終了

内容:
・製品のご説明
・着脱方法のご説明
・今野製作所前にて体験試乗
・今野製作所社有車先導で公道試乗(イスドコスタッフによる運転)
・アンケートご記入
・isudokoポロシャツのプレゼント

参加者条件:
・運転補助装置をお使いの方、そのご家族
・運転補助装置のご購入を検討されている方、そのご家族

試乗に使用する自動車
・今野製作所社有車(ワゴンR)
・ご自身のお車(車種によっては、装置が取り付かないケースがございます)

申込み方法
・ウェブサイトisudoko.JPのお問い合わせフォーム↓
 https://www.isudoko.jp/contact/form.asp
 お問い合わせ内容の欄に『SWORD体験試乗希望』とご記入下さい。

SWORD取付実績(ご参考)
・ニッサン ティーダ
・ニッサン エルグランド
・スズキ ワゴンR
・ホンダ オデッセイ
・ホンダ ステップワゴン
・ホンダ エアウェイブ


株式会社今野製作所
本社・東京工場 〒123-0873 東京都足立区扇1丁目22番4号
TEL:03-3890-3409 / FAX:03-3856-5146
※日暮里・舎人ライナー 扇大橋駅より徒歩約3分
[PR]
       
by isudoko | 2009-08-19 16:00 | SWORD
SWORD誕生

イスドコ広報 より

新型運転補助装置のデザインを公開いたします。

a0103371_939319.jpg



製品名 SWORD(ソード)

日本語で刀を意味しますが、「安全」「世界初」「オリジナリティ」「携帯」「デザイン」
というキーワードの頭文字が並べられております。

下肢障がい者と健常者とのカーシェアを目的とした、RCS(Removable Control Stick)
という新しいカテゴリを提案していきたいと考えております。

疲労度低減を追求し、操縦桿操作方式(Control Stick Operating System)を採用、
「ドライブ」という表現ではなく、車を操縦するという新発想で生まれた独創的な操作方式。

手が触れるグリップ部は人間工学に基づくスマートなデザインとし、指のかかる力点には
暖かみのあるウッド(木)を使用しました。

SWORD誕生です
[PR]
       
by isudoko | 2009-08-19 09:30 | SWORD
第1回体験試乗会開催

イスドコ広報 より

本日、『新型運転補助装置の第1回体験試乗会』を開催いたします。

第1回目は、以前新型運転補助装置の開発でご協力いただいた方を
対象とさせていただきました。

速報が入り次第、お知らせいたします。
[PR]
       
by isudoko | 2009-08-19 09:00 | SWORD
0から1に

イスドコ技術開発室 さいとうです。

新型運転補助装置の販売時期が近づいてきました。
社内の打合せでは、販売準備や営業展開、販路開拓などやるべきことが
山ほどでてきています。

でも、全く焦っていない自分がいるのです。
以前の自分は、「これをやらないとまずい!」とか「これやらなくていいの?」
といったようにテンパッていました。

根拠を追求するつもりはないですが、いまは気持ちに余裕があります。

isudoko.jpが誕生して3年が過ぎましたが、今までを振り返ると、
沢山の課題をいっぺんに解決してきた訳ではありません。
重要なのは、長期的なビジョンを持ちつつも、一つひとつの課題を確実に
クリアすることだと体感しています。

SWOT分析、3C分析、マーケティングミックス・・・
私は新製品の事業化にむけていろいろな勉強をしてきましたが、コンセプトを
資料にまとめて終わりではなく、実際に動いていかなければなりません。

様々な立場の方々やコンサルタントの方とお話をすると、やるべきことが
山ほどあるのがわかります。0(ゼロ)からのスタートですから、不安や焦りも
でてきてきます。

ゆっくりでも課題を一つひとつクリアしていくこと、その気持ちがブレなければ
必ずお客様にも認められる事業にできると信じています。
[PR]
       
by isudoko | 2009-08-18 00:00 | SWORD
ガンダム

イスドコ営業の高倉です。

この連休にお台場まで行ってきました。
目的は実物大のガンダム!

すごく精巧に作ってあり、ガンダム世代の私は久々に胸の高鳴りを覚えました!!


a0103371_1840328.jpg



で、何が言いたいかというと・・・


今度発売する手動運転装置のデザインが、何となくガンダムに出てくるコアファイター
の操縦桿に感じが似てるんです。
格好良いんです!


まだ画像でお見せすることはできませんが、近々画像も解禁になる予定なので、ぜひ
ご期待下さい。
[PR]
       
by isudoko | 2009-08-17 19:00
久々の運転

イスドコ営業の高倉です。

2009年9月8日~15日に開催される『東京2009アジアユースパラゲームス』の選手村内で
「チェアーライダー」のデモをさせていただけることになり、今日はその打ち合わせで代々木
オリンピック記念青少年総合センターまで行ってました。


久々に新型運転補助装置で車を運転したのですが、今日も動きは快調でした♪


■本日の天候 : 晴れ、気温33℃
■本日の走行距離 : 33 km
■合計走行距離   : 502 km
■本日の車種    : SUZUKI ワゴンR
■本日のドライバー : 高倉(今野製作所 事業企画室 営業企画担当)
[PR]
       
by isudoko | 2009-08-07 17:52 | SWORD
やはり創業者にはかなわない

イスドコ技術開発室 さいとうです。

名誉会長(会社は引退されています)のお話です。。

残業で会社に残っていると、たまーにわが社の創業者(現名誉会長)が
酔っ払って出現することがあります。

名誉会長は酔うと毎回同じ話をするので、捕まると面倒なのですが、
若いころに大変苦労をされた方で、会社と社員をだれよりも愛しています。


会長 「さいとうくん、ものは売れないと商品にならないんだよ。」
    「いくらいいものを開発しても、儲けないとダメなんだからね」

さいとう 「はい、わかっております」

会長 「完成したら、おれが売ってきてやるからな。おれを頼れよ!」
    「いや~この製品は絶対売れるよっ」

最近、このような話のやりとりを何度もしています。
おそらく、行きつけの飲み屋でも何度も話をしているんでしょう。。。

そんな会長がカッコいいと感じる今日この頃です。
[PR]
       
by isudoko | 2009-08-05 00:30 | message
愛する製品を商品へ(そこに愛はある!)

イスドコ技術開発室 さいとうです。

私は就職して依頼、製造メーカで働いてきましたが、常に仕事で関わる
製品を愛してきました。
自分で意識せずとも、その姿は他人からはよく観えていたようです。


連日続けられている、新型運転補助装置「最終試作型」の耐久試験の
様子を眺めながら、
「俺だけじゃなく、お客様にも愛されてくれよ」と製品に語りかけています。

私は、
製品(開発)を愛しているからこそ、この開発を進めてこれたと実感しています。
製品(開発)を愛しているからこそ、この仕事で努力してきたと実感しています。
(仕事≦実行力≦使命感<(気合い)<愛)

メーカにはいろいろな役割を受持つ人がいます。
自社製品を愛する人達によって、愛される商品にすることができるのです。
私は、それを一度体験しています。
体験したからこそ、確信しています。
(顧客視点?≦戦略?≦アクションプラン?<(気合い)<愛)

私は4年間付き合ってきたこの装置が、お客様からも愛してくれる製品に
成長するのを信じてやみません。。。
[PR]
       
by isudoko | 2009-08-05 00:00 | SWORD
愛への芽生え

イスドコ技術開発室 さいとうです。

私がかつて製造工場のラインエンジニアをやっていた頃のお話です。。

「お前よーいつになったら対応してくれるんだよ!」
「お前はここの担当者だろうが!」
「責任感がないなら、辞めちまえ!!!」

一度も話したこともない現場(品質部門)のおっちゃんに怒鳴られたことが
ありました。

その時期は、非常に多忙な毎日で仕事の優先順位をつけながら、とにかく
やっつけるのが精一杯。。。

自分では優先度が低いと思っていたことが、現場にとっては重要な課題であった
のです。

ただの判断ミス、経験不足と言われればそうなのですが、
そのおっちゃんに怒鳴られた時に
「責任感がないなんて、だれに向かって言ってんじゃーー!」と一瞬思ったのですが、

「おれはここの担当者なんだ!」
「このラインから生み出されるモビルスーツはおれが面倒みてやるからなっ」
と思ったのです。

責任感の領域を超えた感覚。  『愛』


「怒鳴られもせずに、一人前になった奴がどこにいるものか!」

ありがとう、ブライトさん
[PR]
       
by isudoko | 2009-08-05 00:00 | message